【必見】頭やかゆい!フケがでる!頭皮の悩みの原因は一体?!

ヘアケア

毎日シャンプーをしているのに、「頭がかゆい」、「大きなフケがでる」といった頭皮トラブルを人に相談できず悩んでいる方は多いと思います。

今回は、「頭がかゆい」、「大きなフケがでる」といった頭皮トラブルの原因について紹介していきます。

みなさんも心当たりがあるかどうかチェックしてみてください。

フケの正体とは

フケに対して、いいイメージはないと思いますが、どんな健康な人でもフケは発生します。

ふけの正体は、頭皮から出る老廃物、頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものです。

つまり肌から出る垢のようなものです。

人間の皮膚は、新陳代謝によって、約1ヶ月のサイクルで生まれ変わるといわれています。

頭皮も同じように、新陳代謝しており、古くなった頭皮の角質が皮膚の奥から押し出され、剥がれ落ちたものがフケになります。

通常では、フケは垢のように小さく、通常は洗髪で取り除かれるため、目立つことはありません。

しかし、頭皮の新陳代謝がうまくいかないと、角質細胞は大きく剥がれ落ち、大きなフケや塊となります。

フケが出る原因

大きなフケや塊が出る原因は、大きく分けて乾燥性と脂漏性の2種類があります。

乾燥性のフケ 主な原因は「乾燥」

乾燥性のフケは、粉をふいたようにパラパラとしており細かいのが特徴です。

乾燥性のフケが発生する原因は主に3つあります。

 ●頭皮が乾燥している 
 ●頭皮がダメージを受けている  
 ●アレルギー 

頭皮が乾燥している

頭皮が乾燥すると、水分が抜けやすくなり、皮膚のバリア機能が失われます。

特に、シャンプーで頭皮を洗い過ぎると、頭皮を守るのに必要な皮脂まで洗い流されてしまい、頭皮が乾燥してしいます。

乾燥した頭皮は、新陳代謝がうまくできず、大きなフケや塊が発生しやすくなります。

頭皮にダメージを受けている

頭皮は紫外線ダメージを受けやすく、頭皮の水分を奪い乾燥してフケを発生します。

また、シャンプーの洗い残しや洗いすぎ、長時間のドライヤーも頭皮に負担をかけます。

さらに、過度なブラッシングも頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。

アレルギー

化粧品やヘアカラー、シャンプーなどに含まれる成分にアレルギー反応を起こして、フケやかゆみを引き起こすことがあります。

人によっては、皮膚炎や湿疹を起こす場合もあります。

さらに、頭だけでなく、眉や顔、首のまわりに赤いかゆみのある発疹を引き起こすことがあります。

脂漏性のフケ 原因は「皮脂や菌の増殖」

脂漏性のフケは、クシや髪にまとわりつくように湿っており、比較的大きなフケであることが特徴です。

脂漏性のフケが発生する原因は3つあります。

●皮脂の分泌が多い
●マラセチア菌の繁殖 
●免疫力が低下 

皮脂の分泌が多い

「頭がベタベタする。」「フケが塊で取れる。」「フケが頭皮に張りつく。」という方は、皮脂が多く分泌しているためフケが発生していることが考えられます。

脂漏性のフケがでて、頭に強いかゆみがある場合は、頭皮が赤く炎症を起こして「脂漏性皮膚炎」を疾患していることあります。

症状がひどい場合はすぐに、皮膚科専門医に診てもらいましょう。

マラセチア菌の繁殖

マラセチア菌とは、誰でも肌にもっている常在菌です。

マラセチア菌は、遊離脂肪酸を出すのですが、それにより頭皮が炎症を起こします。

頭皮の脂を栄養源にしているので、皮脂が多いとマラセチア菌も繁殖しやすくなります。

免疫力低下

過度なストレスや睡眠不足、偏った食事によって自律神経が乱れると、頭皮の免疫力も低下し皮脂の分泌が多くなったり、マラセチア菌などの細菌が繁殖しやすくなります。

頭皮のかゆみの原因

頭皮のかゆみの原因は主に3つあります。

●シャンプー・トリートメントの洗い残し
●髪の毛の洗いすぎ
●間違った髪の毛の洗い方 

シャンプー・トリートメントの洗い残し

シャンプーやトリートメントお洗い残しがあると、頭皮に余分な皮脂が溜まり、細菌が繁殖しやくなり、かゆみを引き起こします。

髪の毛の洗いすぎ

シャンプーで頭皮を洗いすぎると、頭皮を守る必要な皮脂まで取ってしまい、乾燥によって頭皮のバリア機能が低下し、少しの刺激にも敏感に反応してかゆみが起こります。

間違った髪の毛の洗い方

髪の毛を洗う際に爪を立ててゴシゴシ洗っていると頭皮を傷つけ、かゆみの原因となります。

この3つ原因の他にも、紫外線の浴びすぎは皮脂が酸化して地肌を刺激するほか、カラーリング剤やパーマ液などの化学的刺激が原因となることもあります。

スポンサーリンク

年齢・性別・季節によりフケも量も変わってくる?!

フケのタイプや発生のしやすさは、年齢や性別、季節によっても多少異なります。

季節

湿気の多い夏場は脂漏性のフケが増え、空気が乾燥する冬場には乾燥性のフケになりがちです。

年齢

年齢別では、男女ともに成長期の10~14歳ごろは新陳代謝が活発で、皮脂の分泌量が増え始めフケが発生しやすくなります。

特に、男性は60歳代ごろまでずっと皮脂の分泌量が多く、女性は30歳代までがピークで、この時期には脂漏性のフケが出やすいと言えます。

それ以降は皮脂量が減少していき、逆に肌が乾燥しがちに変わってくるため、乾燥性のフケが多くなる傾向にあります。

性別

性別でみると、男性の場合は、男性ホルモンの影響で皮脂腺を活動的にします。

そうすると、皮脂の量が増えるので、フケが生じやすいことがあります。

女性の場合でもホルモンバランスの乱れによって乾燥し、フケが出やすいこともあります。

他にも、食生活の乱れやストレス、睡眠不足によってフケの量が増えることがあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。皆さんに少しでも頭のかゆみ、フケが発生する原因が分かってもらえれば幸いです。

皆さんはいくつ当てはまりましたか? 次回は、フケ・頭のかゆみ対策について紹介していきます!

髪の毛のダメージを抑え、まとまりのある髪にするダイソンのスーパーソニックイオニックヘアードライヤー

女性の髪を美しくしてくれる大人気のSHARPのプラズマクラスタードレープフロードライヤー

髪の毛がツヤツヤになるドライヤーPanasonicのナノケアEH-NA0B4つの特徴!!

髪の毛が早く乾かせる! Nobby by TESCOM プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB3000!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました